本文へスキップ

美祢活力宣言。子どもたち、孫たちの未来のために【しのだ洋司】

私の政策提言POLICY

6つの実現。

美祢市には多くの課題があります。
子どもたち、孫たちの未来のために、6つのビジョンを実現しましょう。

1 「人を愛し、地球を愛し、人に愛され、地域に愛される」子どもの育成を!

子どもイメージ

子どもたちにとっては、この美祢がふるさと。将来、彼ら、彼女らが帰ってこられるふるさとは残しておきたい。生き生きとした美祢のまちを次世代に引き継ぐために、持てる力のすべてを注ぎます。


2 「徹底した女性支援策」!

働く女性イメージ

女性が暮らしやすい、活躍できるまちづくりが必要です。そのために女性のライフステージに応じた支援策を実施します。


3 「誰も一人にさせないまち」に!

高齢者イメージ

今後、さらに高齢化が進み、一人暮らしの方、認知症の方の増加が予測されます。そのため、「地域で支えあう福祉のまち」の構築に早急に取り組みます。日々の悩みや不安を抱いている方々に寄り添うことのできる「誰も一人にさせないまち」の実現を目指します。


4 「経済と福祉の両立」を!

病院イメージ

まちづくりは「経済と福祉の両立」に尽きると考えています。地域経済の基本は市内循環です。市内でお金が回る仕組みを構築します。福祉面においては、健康づくりをまちづくりととらえ、「健康寿命を延ばす」ための施策を推進します。そのためには、市立2病院の存続が不可欠です。


5 「観光産業の持続と発展」を!

観光イメージ

観光産業の持続と、さらなる発展のため、山口県や近隣市町との連携を強化し、国内外からの誘客を促進するとともに、日本ジオパークに認定されている美祢市の観光資源の価値を高める施策を推進します。


6 「持続可能な地域社会の実現」に向けて!

まちづくりイメージ

持続可能な地域社会の構築には3つの指標があります。
1番目は、「財政、あるいは世代間における持続可能性」です。そのために、思い切った行財政改革を実行します。2番目は、「人口における持続可能性」です。年間出生者数100人を切るという危機的な状況です。若者が結婚し、子どもを産みやすい環境を整備します。3番目は、「コミュニティ、あるいは人と人のつながり」における持続性です。積極的な地域活動が行えるように支援するとともに、「人に寄り添う」やさしいまちづくりを進めます。


しのだ洋司後援会

〒759-2212
山口県美祢市大嶺町東分3370-5

TEL 0837-52-3018